オリックス銀行のカードローンの審査に落ちたときは借入額を見直そう

カードローンには必ず審査がありますが、この審査を通った人と通っていない人はどれくらいの割合になっているでしょうか。結論から言えば50パーセントずつになります。審査に通った人はおよそ50パーセントで、審査に通らなかった人もおよそ50パーセントぐらいが相場になっています。審査に通らなかった人の多くは現在他の所から借り入れをしている場合です。たとえば、オリックス銀行でお金を借りようとしたけど、現在別の消費者金融からお金を借りている場合です。借りた金額によって審査結果が変わるわけではありません。
次に、債務整理中の時です。例えば、3年前に消費者金融からお金を借りたけども返す計画を立てていなかったため返すことが出来ないと判明した場合には、弁護士などの法律家を通して債務整理を行い、債務者の債務の負担をなくします。債務整理をすると債権者は全く債務が戻らない訳ではありません。全額は戻らないまでも、半分から8割ぐらいは戻ってくることが多いです。このような債務整理を過去にしたことがある場合には、オリックス銀行カードローンに限らず普通は借り入れをすることは出来ません。
最後に借り入れ希望額が大きすぎたために落ちた場合です。例えば、融資上限ギリギリに設定して借り入れをしようとした場合、年収がその借り入れ額に見合っていないければ断られることも普通にあります。そのような時には、素直に借入れした金額を見直して、少なく設定するべきです。

即日審査という切り口のキャッシング

よく勘違いされることとして、即日審査と即日融資があります。前者は申し込みをしたその日に審査が通過することになり、後者は即日にキャッシングできることになります。モビットはどちらにも対応しています。ただし広義の意味で言えば同じような扱いをされることが多いです。業者のなかでも即日融資を多用していることが多いのが特徴です。こんなことは少ないですが。「即日審査をしているけれど、即日にキャッシングするとは言っていない」ようなことは少ないです。

その日にキャッシングを可能にするには、業者側の努力も必要ですが、それ以外に申し込みをした人の努力が左右されることが多いですので、事前準備がある程度必要になります。どうしても申込みしたその日にお金が欲しいのであれば、効率よく契約を進めるようにしてください。

無人契約機を使用すればカードを受け取り、店舗にあるATMを使って借りることができますが、振込になると時間制限が出てきます。振込に対応できる時間として平日の15時が一般的であり、それを過ぎてしまうと、即日融資ができない即日審査だけが完了した状況になることも多いです。だからこそ申し込みをする人がスムーズに契約を進める必要があります。即日融資ができる業者の多くが、1時間ほどで審査が完了することが多いですので、事務所の込み具合も考えて午前中には申込みを完了させていることが望ましいです。また担当者には今日お金を借りたいことを強く念を押しておきましょう。そうすることで実現する即日融資があります。

プロミスの増枠、他社借入を増やすよりも有効な理由

現在の借り入れ金額が限度額いっぱいになり、それでもさらにお金が必要な場合。
どのような方法を考えますか?
一般的にはプロミスの借り入れをしているときには別の消費者金融に新たに申し込みをして限度額を確保するという方法が一般的となるでしょう。

もし今その選択肢にあるのだとすればすこし考えてみましょう。

プロミスを現在利用中なのであれば増枠という手段も有効になるはずです。
増枠とは現在の利用限度額の枠を増やすこと。
一般的には10万円ずつ増額が可能とされていますので大きな金額ではありませんが、他社からの借り入れを増やすよりも安心できる方法です。
その点についてご説明しましょう。

借り入れ先が増えるのは危険を伴います。
借金を自分で管理しきれない状況になる、それは想像がつくのではないでしょうか。
現在借り入れ先が一つであるからこそ返済日や利息元金の割合などを考えることができているはずです。
もしくはそれができずに限度額いっぱいの借り入れとなってしまったでしょうか。
新たに借り入れ先が増えることによってこれらを把握することが難しくなります。
流されるように返済をするのであれば管理しきれない状況になることはまず間違いありません。

借り入れ先を増やすよりも現在利用中のプロミスで増額をすることを考えてみましょう。
方法は難しいものではありません。
プロミスコールから連絡をする、もしくは会員サービスから限度額変更申し込みを行うだけです。カードローン おすすめ