オリックス銀行のカードローンの審査に落ちたときは借入額を見直そう

カードローンには必ず審査がありますが、この審査を通った人と通っていない人はどれくらいの割合になっているでしょうか。結論から言えば50パーセントずつになります。審査に通った人はおよそ50パーセントで、審査に通らなかった人もおよそ50パーセントぐらいが相場になっています。審査に通らなかった人の多くは現在他の所から借り入れをしている場合です。たとえば、オリックス銀行でお金を借りようとしたけど、現在別の消費者金融からお金を借りている場合です。借りた金額によって審査結果が変わるわけではありません。
次に、債務整理中の時です。例えば、3年前に消費者金融からお金を借りたけども返す計画を立てていなかったため返すことが出来ないと判明した場合には、弁護士などの法律家を通して債務整理を行い、債務者の債務の負担をなくします。債務整理をすると債権者は全く債務が戻らない訳ではありません。全額は戻らないまでも、半分から8割ぐらいは戻ってくることが多いです。このような債務整理を過去にしたことがある場合には、オリックス銀行カードローンに限らず普通は借り入れをすることは出来ません。
最後に借り入れ希望額が大きすぎたために落ちた場合です。例えば、融資上限ギリギリに設定して借り入れをしようとした場合、年収がその借り入れ額に見合っていないければ断られることも普通にあります。そのような時には、素直に借入れした金額を見直して、少なく設定するべきです。